評判の良いドッグフードやペットの選び方│犬のしつけに関する注意点

犬

ペットを育てていくために

家族と犬

自分が飼っている犬のしつけで困っている方もいるかもしれません。犬はしつけ次第で大きく性格が変わります。特に、子犬の段階でされたしつけはその子の性格を一生にわたって左右することがあります。そのため、適正な犬のしつけがペットを飼うときは重要になってきます。最初に、犬に飼い主の方が立場が上であるということを意識させることが大切です。犬は主従関係を大切にする動物だと広く知られています。仮に犬が飼い主と対等な関係、もしくは飼い主が犬より立場が下だと認識されてしまったら、犬のしつけは困難になります。犬にきちんと主従関係を教えないと、飼い主の命令を聞かない犬に成長してしまい、他人に迷惑をかえるペットになります。たとえば、夜中に遠吠えをしたり、散歩中に他人を威嚇したりするなどです。もし犬が他人に噛み付いたりしてしまったら、噛まれた方は怪我をしてしまいますし、飼い主も精神的にダメージを負ってしまいます。犬が起こしたトラブルは飼い主の責任になるため、法的な損害賠償を負わされる危険性もあるのです。また、主従関係を徹底して教えこむことは犬そのものの命を守ることにも繋がります。大型犬などは力が強いので、女性や高齢者がリードで繋いでいても、自由に行動してしまうことがあります。しかし、飼い主との関係性がしっかり確立していた場合は、犬は飼い主の命令をしっかり聞きます。もし散歩中に犬が命令を聞かずに道路に飛び出してしまったら、車にはねられて死亡してしまうかもしれません。犬の命を守るためにも、犬のしつけは重要になります。